この記事は次の言語でも利用可能です
「3台デバイス制限」は、どういう仕組みになっていますか?

Krispアカウントでは、最大3台までのデバイスにKrispアプリを使用できます。この項目では、「3台デバイス制限」の意味とその仕組みについて説明します。

「3台デバイス制限」は、Krispが非個人的な使用のために乱用されないようにすることを目的としているため、複数のデバイスでの製品の**同時**使用に制限を設けています。この制限は特定のデバイスに関連付けられていないため、デバイスからデバイスに転送する必要があるライセンスキーはインストールされません。また、デバイスにログインするとデバイスのライセンスが1つ失われるという心配の必要もありません。

Krispによる「3台デバイス制限」は特定のデバイスと関係ありません

この制限は、3台を超えるデバイスでKrispを同時使用するのを制限する場合にのみ機能します。つまり、3台を超えるデバイスに同時にログインすることはできないということです。4番目のデバイスにログインすると、最初にログインしたデバイスから自動的にログアウトされます。これは迅速かつ簡単なクラウド管理手順であり、デバイスごとのライセンスの管理について心配する必要はありません。

3台を超えるデバイスに同時にログインすることはできません。

特定のデバイスでKrispを使用するには、Krispアカウントでそのデバイスにログインするだけです。ログインしたいだけ何台でもデバイスにログインできますが、アカウントでログインした最後の3台のデバイスでのみKrispを使用できます。
この記事は役に立ちましたか?
キャンセル
ありがとうございます